沖縄に行ってみたいと思っても、気になるのは旅行の費用・予算。そこで、沖縄への一般的な旅行(2泊3日)と想定して、かかる費用・予算を調べてみました。僕は2019年に沖縄に6回行ったので、実体験の情報も記事に生かしています。 「冬の2泊3日の旅、ワンピースコーデ」1日目はこちらです こんにちは。ワンピースで暮らしているayakoです。 明日から、義理の両親と2泊3日で小旅行に行くことになりました。 早速ですが、1日目のワンピースコーデはこちらです。 気分が上がるマリメッコのピンクのワンピースを。 ¡ã‚ŠãŸã„ですよね!?見たい、行きたいスポットもイッパイ旅のプランニングにお困りの方必見!沖縄旅行のプロが教えるハズレ無しのモデルコースをご案内します! 沖縄離島旅行がしたい!2泊3日から楽しめる離島はどこ?日数別おすすめ離島、楽しみ方などお役立ち情報をご紹介します。定番の石垣島、じっくり楽しみたい波照間島などあなたに合う離島 … 子連れ旅行の準備に便利な持ち物リストなら日本旅行のホームページへ。カスタマイズも自由自在なので、お子様、赤ちゃん連れの旅行の準備の際はぜひご活用ください! ーンで活躍します。コンビニATMでお金の引き出しなども出来るでしょうが、手数料などが必要である場合も往々にしてありますので、ここはスマートにクレジットカー … 沖縄旅行で「これさえあれば迷わない!」という持ち物を、項目別に説明します。どれも「持ってきてよかった!」と実感できるものばかりです。 ドライブの途中で気まぐれにビーチに立ち寄ったとき、そのままパシャパシャと水遊びができて大変便利です。ただし、水中でも脱げないものをオススメします。, 沖縄で平均気温が20度を下回るのは、12月から3月の期間だけ。南国の沖縄では、本土よりも日焼けやUV対策に敏感になる必要があります。特に肌の弱い女性は、万全な対策で日焼け防止に臨みましょう。, マリンアクティビティを楽しまない人でも、沖縄では日焼け止め対策は必須です。肌の弱い人は、必ずケアを行いましょう。, サングラスは、ファッションアイテムでもありますが、沖縄の日差しから目を保護する役割も果たします。バラエティショップの安価なサングラスではなく、しっかりと機能性に優れたサングラスを選びましょう。, 腕をすっぽりと覆う女性用のアームカバーは、日焼け対策の優れもの。不要なときはコンパクトに収納できるのも長所です。, 強い日差しから頭部をガードしてくれる帽子は、耳が出るキャップ型よりも、サファリハットのような形がオススメ。サファリハットはなら顔、耳、首の後ろまでカバーでき、不要なときはコンパクトに折りたためます。, 紫外線をさえぎる日傘は、女性の旅行者には必需品。沖縄はスコールのような急な雨が降ることもあるので、晴雨兼用の傘が便利です。, 亜熱帯地方の沖縄は、スコールのような急な雨が降るときもあります。特に、離島の場合は注意しましょう。最低限の雨対策は心得ていた方が無難です。また沖縄では毎年5月頃から梅雨が始まるので、このシーズンは雨対策が必須となります。, コンパクトに携帯できる折りたたみ傘は、急な雨のときに安心のアイテムです。女性なら、日除けにも使える晴雨兼用にすれば、雨からもUVからも守ってくれます。, 急な雨に見舞われたときも、タオルがあれば多少はよけることができ、濡れたところを拭くこともできて便利です。機能性に優れ、速乾性があり、吸水性の高い登山用タオルがベストです。, 都心部の那覇市内であればいざ知らず。田舎や離島などに足を運ぶ場合、現地で日用品や衛生用品を購入するのは、意外と難儀かもしれません。商店が少なく、しかも夜は閉まっています。心配するとキリがないことも確かですが、最低限の備えはしておきたいものです。, 南国の沖縄では、都会や田舎に関係なく虫除けスプレーが必需品です。確実に蚊の心配がないのは2月くらいで、ほとんど1年を通して虫刺され対策が必要です。, 沖縄に限ったことではありませんが、不意のケガなどをしたとき、応急処置に便利です。特に離島に行くなら必需品と言えます。, お手拭きとして、テーブル拭きとして大活躍するスグレモノ。暑いときはウエットティッシュでクールダウンもできます。, こちらも離島などが目的地の場合、足りなくなると不便です。商店があっても、そもそも品揃えが少ないので商品の選択肢が限られます。, 離島の宿泊施設では、洗面用具を揃えていない場合があります。予約時に必ず確認し、不安な場合はコンパクトなトラベル用品を持参しましょう。, マリンアクティビティに必要なものは、ショップやホテルなど、ほとんど現地で調達が可能といえます。それでも一式揃えると、金額もバカになりません。荷物にならない程度で、持ち込めるものは持参しましょう。, マリンアクティビティを楽しむには、水着がないと始まりません。泳ぐ予定がなくても、一応は持参しましょう。「水着もあるし、せっかくだから」と、泳ぐ気になるかもしれません。なお、カヤック体験などでも水着が必要な場合があるので、事前に確認しておきましょう。, 紫外線が強い沖縄の海では、ラッシュガードは必需品と言ってもいいマストアイテムです。町歩きなどでも、羽織りものとして活躍します。, 荷物としてはかさばるバスタオルですが、海に行くなら必ず必要なアイテムの一つです。なるべくコンパクトで、吸水性の良いものを選びましょう。, ビーチの砂地や公園の芝生など、1枚持っていれば、どこでも休憩できます。水を通さないので、急な雨のときの雨除けや、強風の風除けにも使えます。, 海のきれいな沖縄は、少し潜れば魚が泳いでいます。ゴーグルさえあれば海の中をのぞけるので、海の行動半径が大きく広がります。シュノーケルがあれば、なおさらでしょう。, マリンアクティビティ後の、日焼けして火照った体はクールダウンして労りましょう。沖縄の日差しを甘く見てはいけません。, ビーチの近隣に売店がない場合、ドリンクを保冷してくれるクーラーボックスは大変重宝します。ただし荷物としてはかさばるので、本当に必需品かどうか検討の余地はあります。, 沖縄旅行で、意外と「あったら便利!」と感じるものをまとめました。ちょっとしたときに活躍するものばかりです。, 沖縄旅行は、公共交通機関を使うよりもレンタカーを借りた方が、はるかに便利で、自由度が広がります。ETCカードは意外と忘れやすいので、注意しましょう。, かさばる衣類などの荷物を、空気圧縮して詰め込めばコンパクトに。また、荷物の整理にも大活躍します。, 田舎や離島の宿泊施設は、コンセントの数が少ないことが多いので、延長コードがあると重宝します。, 田舎や離島に行くと、夜は真っ暗という場合が少なくありません。懐中電灯があれば、安心安全です。, アウトドアで食事するときに活躍するホーボーナイフ、缶切りやハサミなどになるマルチツールは、何かと役立つ便利ツールです。ただし機内持ち込みはNGなので注意しましょう。, トロピカルリゾートの沖縄は、インスタ映えのスポットが豊富です。きれいな写真をいっぱい撮って、たくさんの「いいね!」を、貰いましょう。, 自撮り棒があれば、どこでも自分が映った観光スポットの写真が撮影できます。ただし、自撮り棒禁止の場所もあるので、場所をわきまえて。またスマホスタンドがあれば、スマホを固定して写真のブレを防げます。タイムラプス(早送り)など特殊な動画も撮影できます。, スマホに取り付けるクリップ式のレンズがあれば、魚眼やワイドなど、表現力が格段に広がります。, 防水スマホであっても、塩分を含んだ海水はNG。水中撮影ケースがあれば、海の中のサンゴ礁や熱帯魚を撮影することができます。, きれいな写真を撮る秘訣は、「一が構図、二がライティング」。構図はセンス次第ですが、ライティングはその時の光環境に大きく左右されます。小型のレフ板があれば、光を集めることができるので、仕上がりが格段にアップします。, ずっと楽しみにしていた沖縄旅行。でも気になるのは天候です。その中でも、初夏の梅雨と、秋の台風は「要注意」な存在です。 台風が直撃しなくても、接近すれば[…], 南北の直線距離が100キロ以上もあり、意外と広い(?)沖縄本島。そんな沖縄の観光スポットは各地に散らばっているので、効率よく観光地めぐりをしたいときは[…], 初めての沖縄旅行となると、分からないことばかり。ツアーで行くにも、どのツアーを選んでいいのか分からない!という人も少なくないのでは? そこで、初めての[…], 旅アトが圧倒的にラクになる!洗濯代行サービス「SMART TRAVELER」を使ってみた, 旅行の後、いつも憂鬱なのが洗濯物の山。家に着いてから、「これさえなければゆっくりできるのにな〜」と思うことはありませんか?そんなときに便利なのが、洗濯代行サービス「SMART TRAVELER(スマートトラベラー)」。沖縄でもサービスが始まったということで、実際に利用してみました!, HISの格安ツアーからワンランク上のご褒美旅までお得な沖縄旅行が満載!沖縄本島はもちろん、石垣島、宮古島、西表島、慶良間諸島など人気のエリアもしっかりご案内します。. ーズンに2泊3日の沖縄旅行をする場合の基本費用は、 レンタカー代抜きで約14万6,000円〜49万円 、 レンタカー代も入れると約16万円~52万円 。 わない!」という持ち物を、項目別に説明します。どれも「持ってきてよか 、マンゴースイーツや温泉も楽しめる、女子旅満喫プランをお楽しみください。 2泊3日の沖縄旅行・ツアーのことなら阪急交通社におまかせ。沖縄旅行定番の本島・那覇をはじめ石垣島、宮古島、竹富島、久米島などの沖縄離島も簡単検索!おすすめのモデルコースもご紹介します。 、カーディガン、デジカメは決定です。そこで空港でカバンを 沖縄入り初日は、那覇空港から恩納村まで北上がてら道々で観光していきます。 羽田6:10発→→8:40那覇着. せっかくの沖縄旅行を楽しく過ごしたい!子連れ旅行の持ち物リストダウンロードできます!不安を解消&なるべく身軽にがテーマ!お子様の年齢に合わせて持ち物を厳選して、ストレスフリーに、ピースフルに沖縄を楽しみましょう! やビーチ、世界遺産やスイーツなど、南国らしい色鮮やかな写真映えポイントも満載! 物が軽くなる、あると便利な持ち物をランキング形式で紹介します。 物が軽くなる、あると便利な持ち物をランキング形式で紹介します。 まずは飛行機!めいっぱい楽しみたいという方に、飛行機の選択肢はあ … 皆さんは「冬の沖縄」と聞いてイメージが湧きますか?あまり想像できませんよね。沖縄と言えば夏のイメージなのではないでしょうか。しかし、「冬の沖縄」には皆さんが知らない、いくつもの隠れた魅力があるのです。今回は、そんな冬の沖縄旅行について紹介します。 物、天気、名所等々…を調べまくりました。同じような人もいるのではと思い感想等 沖縄離島旅行がしたい!2泊3日から楽しめる離島はどこ?日数別おすすめ離島、楽しみ方などお役立ち情報をご紹介します。定番の石垣島、じっくり楽しみたい波照間島などあなたに合う離島が見つかる! 寒い冬には旅行に行くのも億劫になってしまうこともあるのではないでしょうか。しかし、冬にしか見れない絶景が日本全国にはたくさんあるんです!冬旅もいいなあと思うような美しい景色ばかりなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。(なお情報は記事掲載時点のものです。 那覇空港に到着したら、まずはレンタカー! 時間に縛られることなく自由に行動したい方は、レンタカーの利用がおすすめです。 パッケージツアーに含まれている場合などもありますので活用してくださいね☆ それでは車に乗って出発しましょう!!! ※1日目は那覇よりも南部エリアをぐるっと観光します。 ↓那覇空港から車で約40分 物を減らして小さいカバンで身軽に移動できるので快適です。 替えのトップス 沖縄旅行の持ち物。これだけは絶対必要リスト!, 本土よりもはるかに温暖な沖縄。基本的には、開放的な薄着となります。春から秋のシーズンは、基本的には「Tシャツ+α」で過ごせます。あえてリゾート感を重視して「Tシャツは現地で購入」と決めてもいいでしょう。, 沖縄の服装といえば、やはりTシャツでしょう。外着にも部屋着にもオールシーズン使える、万能選手です。, 春や秋の夜や春は、Tシャツだと少し肌寒いかも。そんなときは、袖付きのシャツを羽織りましょう。沖縄名産の「かりゆしウエア」なら、地元の色にも馴染みます。 この日を楽しみに指折り数えて待っていた沖縄旅行。でも初めての旅行の時は、「一体、何を持っていけばいいの?」と、まごつく人も少なくないでしょう。 外みたいな沖縄でも同じことが言えるはずです 東京発 初めての石垣島旅行で、どこに行けばいいかわからない…という方向けに、旅行のプロが2泊3日のモデルコースを提案します!まずはおさえておきたい定番スポット、ちょっぴりツウなスポットや、すごし方まで…3日間の石垣島旅行の楽しみ方を伝授♪ 物、天気、名所等々…を調べまくりました。同じような人もいるのではと思い感想等 、カーディガン、デジカメは決定です。そこで空港でカバンを 岸沿いをひた走るのならやっぱりカッコいい車じゃないと!という方にオススメなのはこれ!あったか陽気だったら手軽にオープンに出来るので彼女との旅行も楽しくなること間違いなし! 今回はこのロードスターを特集掲載記念として 1月の沖縄の気候と服装、あると便利な持ち物をご紹介します。沖縄で快適な旅行をするには季節によって事前の準備が必要です。気になる1月の気温や降水量、台風情報をご覧いただき、沖縄旅行へ行く際の服装や必要な持ち物、旅行中の過ごし方の参考にどうぞ。 物に余裕があるのなら別の手持ちバッグをひとつだけ忍ばせておくとスタイリングの幅が広がるからGOOD。 1日目 『結婚して初めての年末年始。大人しく旦那さんの実家に・・の予定でしたが、折角の連休、旅行に行きたい!と、帰省の前に2泊3日で行ったことのない沖縄に行くことにしまし...』沖縄県旅行についてももへこさんの旅行記です。 洋気候に属しており、冬の平均気温は18度ほど、夏は30度前後と年間を通して非常に過ごしやすい気候をしています。 国内旅行って準備の段階からとってもワクワクしますよね。旅先のことを考えて、服装や持ち物をあれこれ悩んだりもします。今回は、女性の国内旅行1泊のコーディネートと2泊以上の着回しコーディネートをご紹介していきます。ぜひ、これを読んで心置きなく旅行を楽しんできてください。 2泊3日で沖縄本島北部から南部まで全エリア網羅できる濃密沖縄コース!人気の定番スポットや絶景ポイントなど、無駄なく効率よく回る、2泊3日王道沖縄旅行プランを紹介します。2泊で沖縄を全部楽しみたい欲張りさんにオススメ。グルメも観光も沖縄らしさを満喫できちゃいます。 物に余裕があるのなら別の手持ちバッグをひとつだけ忍ばせておくとスタイリングの幅が広がるからGOOD。 1日目 ってしまうものですよね。サイズも悩むポイントのひとつで、どのくらいが … 『レンタカーで二泊三日の宮古諸島一人旅。ストレスが溜まりまくって気付けば暖かい地域の航空券とゲストハウスを探しておりました泳ぐわけでもなくひたすらビーチなどの風景...』沖縄県旅行についてhiroさんの旅行記です。 冬なら長袖のシャツも用意しましょう。, 沖縄でも、真夏以外の夜には少し肌寒いときもあります。また、室内では冷房が効き過ぎている場合もあります。そんなときは、一枚羽織れるものがあると便利です。女性なら薄手のカーディガンを1枚用意しましょう。コンパクトにたためる薄いもので十分です。, 海洋国の沖縄。フォーマルな場所以外なら、まち歩きもサンダル履きでOK。通風性がいいので、ムレることもありません。 物のチェックリストは大丈夫?春、夏、秋、冬の3泊4日、国内旅行には何が必要?保険証を忘れて、病院に行けない!充電が切れてスマホが使えない! 東京発 初めての石垣島旅行で、どこに行けばいいかわからない…という方向けに、旅行のプロが2泊3日のモデルコースを提案します!まずはおさえておきたい定番スポット、ちょっぴりツウなスポットや、すごし方まで…3日間の石垣島旅行の楽しみ方を伝授♪ 2泊3日で沖縄本島北部から南部まで全エリア網羅できる濃密沖縄コース!人気の定番スポットや絶景ポイントなど、無駄なく効率よく回る、2泊3日王道沖縄旅行プランを紹介します。2泊で沖縄を全部楽しみたい欲張りさんにオススメ。グルメも観光も沖縄らしさを満喫できちゃいます。 国内旅行って準備の段階からとってもワクワクしますよね。旅先のことを考えて、服装や持ち物をあれこれ悩んだりもします。今回は、女性の国内旅行1泊のコーディネートと2泊以上の着回しコーディネートをご紹介していきます。ぜひ、これを読んで心置きなく旅行を楽しんできてくだ … 2泊3日の沖縄旅行・ツアーのことなら阪急交通社におまかせ。沖縄旅行定番の本島・那覇をはじめ石垣島、宮古島、竹富島、久米島などの沖縄離島も簡単検索!おすすめのモデルコースもご紹 … 12月の沖縄旅行2泊3日モデルコースのご紹介。初めての沖縄もこれを読めば間違えなし!プランの立て方、実際にかかった費用を記載しています。沖縄を6つのエリアに分けて、定番スポットからリゾートホテルラウンジ利用まで沖縄のいいとこ取りをしたプランになってます。 沖縄旅行2泊3日 1日目. 子連れ旅行の準備に便利な持ち物リストなら日本旅行のホームページへ。カスタマイズも自由自在なので、お子様、赤ちゃん連れの旅行の準備の際はぜひご活用ください! 物を少なくすることができます。 反対に、沖縄にダイビングに行ったり、冬の北 … žã¨ã¯æ°—候も文化も異なる沖縄。いざ旅行をしようと思っても、何を持っていけば良いのか、いまひとつ分からないという方も多いのではないでしょうか。というわけで今回は、沖縄旅行の際に必要な持ち物と、あると便利な持ち物をそれぞれご紹介します。 メルマガ会員にご登録いただくと、メルマガ会員限定のお得なクーポンやツアーをご覧いただけます。, 皆さんは「冬の沖縄」と聞いてイメージが湧きますか?あまり想像できませんよね。沖縄と言えば夏のイメージなのではないでしょうか。しかし、「冬の沖縄」には皆さんが知らない、いくつもの隠れた魅力があるのです。今回は、そんな冬の沖縄旅行について紹介します。, 冬の沖縄と聞いてまず気になるのが、その気候ではないでしょうか。南国だから冬でも暖かいとか、さすがに冬はコートを着ていかなければ寒いとか、気候によって着ていく服装も変わってきますよね。, 上記が沖縄の冬場の月間平均気温と最高気温の平均です。見てもらうとわかる通り、最も平均気温の低い2月でも、最高気温が20度近くなっています。「冬場でもそんなに暖かいの?」と思われるかもしれませんが、これが例年の沖縄です。それでは沖縄のだいたいの気温が分かりましたので、これを基に話を進めていきたいと思います。, まず服装に関してですが、気温を見ただけではなかなか判断しにくいと思うのですが、冬服を着ていくというイメージが必要です。日中の最高気温は20度くらいで、先ほど暖かいと申しましたが、海風があるのでその分寒く感じます。平均気温が17度前後で、そこから体感温度がマイナス2,3度になるため、やはり防寒具は必要でしょう。, 特に、日が照っていない朝晩は、10度を切るということはほとんどありませんが、それにも迫る寒さです。日中の観光の際は、晴れていれば上着を置いて行って、夜出歩くときのために持っておく、という感じで良いかもしれませんね。, 次に、冬場沖縄に行って海に入れるのかどうかというところですが、結論から言うと、海には入れます。「それって、勝手に入る分にはどうぞってこと?」と思われるかもしれませんが、そうでもないんです。沖縄の冬というのは、日中の気温が20度近くになり、夜もそこまで寒くなるというわけではないので、海水の温度は高く維持されます。どれくらいかと申しますと、冬でも20度程度はキープしており、ウェットスーツを着れば海の中に入れるくらいです。なので、上手く防寒対策をすれば冬場でも海に入れます。実際にウェットスーツを着て海に出るには、地元のアクティビティ会社を使うという方法がおすすめです。このようなところでは、観光客の方向けにウェットスーツの貸し出しを行っており、それを着てシュノーケリングやダイビングなどの、マリンアクティビティを楽しむことができます。しかし、水から上がったあとはどうしても寒く感じるので、アクティビティ会社を選ぶ際は、温水のシャワー付きのところを選んでおくのがおすすめです。, それならウェットスーツを持っていけば、自分たちで勝手に遊べるんじゃないのか、というふうに思われる方がいるかもしれません。確かに水温的にはそうすることも可能ですが、基本的にそれはNGです。なぜかというと、11月~3月くらいまでの暑くない時期は、沖縄ではオフシーズンとされ、多くの場所で遊泳が禁止されています。遊泳は3月下旬の海開き以降でないと基本的にはできないため、勝手に海に入ることは避けましょう。, この時期の沖縄はいわゆるオフシーズンです。常夏の島と言われる沖縄ですが、さすがに1月や2月は10度近くまで気温がさがり、日中も海を遊泳することは難しいです。ただウェットスーツを着たアクティビティや観光地巡りはどのじきよりも安く楽しめますので、目的を絞った沖縄旅行をおすすめします。, 12月や1月というのは、年末年始を除けばかなり低相場です。正月に沖縄旅行に出かけるという方は一定層いるため一時的に相場が上がりますが、それ以外は全体的にかなり安く旅行できます。「ウェットスーツを着てダイビングがしたい!」「美ら海水族館に行きたい!」など、この時期でもできることに絞って旅行計画を立てると、お得に沖縄旅行を楽しむことができますよ。, そして、冬に沖縄旅行をする際におすすめしたいのが、マリンアクティビティに挑戦することです。「マリンスポーツといえば夏でしょ」と思われるかもしれませんが、冬でもやってみる価値はあります。なぜかと言いますと、冬の海というのは水温が低く、プランクトンの発生が抑えられるため、海水がとても澄んでいてきれいなのです。海水温が高くなればなるほどプランクトンは多く発生し、海が濁って見える原因になりますので、冬の海はある意味夏の海に勝ります。きれいな澄んだ海を見に、沖縄旅行に出かけてみてはいかがでしょうか。, いかがでしたでしょうか。今回は、冬の沖縄について紹介してきました。何か魅力を見出していただけましたでしょうか。冬には冬の沖縄の良さがありますので、この時期の沖縄旅行に行こうか迷われているという方は、思い切って行ってみて損はないと思います。. 2019 冬の沖縄旅行 2泊3日 2日目 GoPro HERO7 YI4K OKINAWA … 那覇空港に到着したら、まずはレンタカー! 時間に縛られることなく自由に行動したい方は、レンタカーの利用がおすすめです。 パッケージツアーに含まれている場合などもありますので活用してくださいね☆ それでは車に乗って出発しましょう!!! ※1日目は那覇よりも南部エリアをぐるっと観光します。 ↓那覇空港から車で約40分 2020~2021最新![オシャレ系土産・新作土産・定番土産まで!] すべてのお土産は那覇空港で買える!? 今までの沖縄土産とは一足違う、最新☆沖縄お土産をご紹介♪, 海沿いのホテルでゆっくり過ごしたい!担当者おすすめの厳選!沖縄本島・中部のビーチサイドホテル特集. ーズンは、ツアーはもちろん、飛行機代、宿泊費、レンタカーなど、さまざまな面で料金が割安になります。 「冬の2泊3日の旅、ワンピースコーデ」1日目はこちらです こんにちは。ワンピースで暮らしているayakoです。 明日から、義理の両親と2泊3日で小旅行に行くことになりました。 早速ですが、1日目のワンピースコーデはこちらです。 気分が上がるマリメッコのピンクのワンピースを。 沖縄旅行1日目 [フリーBGM DOVA-SYNDROME / FREE BGM DOVA-SYNDROME] https://dova-s.jp/ 物もなくなりお気軽に沖縄に行ける事間違いなし♪ 外みたいな沖縄でも同じことが言えるはずです Copyright © White Bear Family All Rights Reserved. 洋気候に属しており、冬の平均気温は18度ほど、夏は30度前後と年間を通して非常に過ごしやすい気候をしています。 žã«æ¯”べて暖かい沖縄の冬って一体どんな感じなの?気温や服装は?この時期だから出来る遊びや観光ってあるの? ーズンに2泊3日の沖縄旅行をする場合の基本費用は、 レンタカー代抜きで約14万6,000円〜49万円 、 レンタカー代も入れると約16万円~52万円 。 物の量が決まると言っても過言ではありません。自分の場合、汗をかかない時期で一泊二日であれば着替えは下着と靴下だけ、同じ服で過ごすことも。 !絶景を楽しみながらくつろげるカフェや宿泊施設はもちろん、首里城やパイナップル畑など沖縄ならではの観光スポット満載♡こちらの記事では沖縄を2泊3日で楽しめる、絶対外せない観光・グルメの欲張りおすすめコースをご紹介します!