30代、40代の転職ならエンジャパンの【ミドルの転職】。エージェントの力で、ミドル世代の可能性をひろげる。常時20,000件以上の求人を掲載し、年収600万円以上の求人も豊富。エージェントからの非公開求人スカウトも多数。 アナログ管理による 管理者の業務過多. 導入前から導入後まで、いつでも電話相談や出張訪問にきてくれるなど、サポートが手厚い, 元々数百件の電話問い合わせに対して6名で手書きメモをしながら対応していましたが、誤記や誤伝などが頻発していました。そこでまずコールセンター自体の業務の簡素化と、問い合わせ等のデータ化、そしてデータ化することでの業務の分析等を行いたくシーンライブを導入することに。結果、手書きメモがいらなくなり、問い合わせ電話も瞬時に過去のデータを呼び出せるので業務制度の向上・簡素化をともに実現することができました。, いままで顧客管理システムを導入せず、エクセルで簡単なデータ作りをしていました。しかしクライアントも増えてきて、きちんと管理をしなければならない状況になってきたので導入。顧客関連情報を一元管理できるのでとても助かっています。, 1件ずつ打電で電話していましたが、効率化、人件費削減のためシーンライブと他2社で検討していました。導入前の疑問や料金相談も気軽に乗ってくれてここなら安心できると思い導入に至りました。他社との検討中見積もりを比べてもシーンライブが一番安かったです。, 以前使っていたシステムでトラブルが多くすぐに対応してくれないので、乗り換えを検討していました。無料トライアル時にクリアな音声に驚いたのと、使い勝手の良い操作画面で現場のオペレーターの方もすぐに使いこなせそうという声を聞き即決しました。実際使ってからの対応もスピーディーで丁寧なので安心してシステムを利用できています。, エネルギー系の販売コールセンターを運営しています。受電も架電も増えてきて最小の人数で稼働率を最大にするにはどうしたらいいか悩んでいました。 あらかじめ用意しておいたリストに従ってコールセンターにいるオペレーターが電話をかけることになりますが、そのリストの信用度が低いと当然パフォーマンスの高さを期待できません。 何年も前のリストであれば電話番号が変わっている可能性もありますし、リストに書かれている各情報� こんな お悩み ありませんか? 01. 02. クラウド型コールセンターシステムBlueBeanの紹介ページです。(提供元:株式会社ソフツー)機能や事例、価格情報を掲載しています。ITトレンドでは他社が提供するコールセンターシステムと比較ができ、自社にあった製品を見つけることができます。 評判の高いコールセンターシステム開発・販売会社リスト. 必須サービスリストを更新、コールセンターや郵便も可能に On 2021年1月25日 2021年1月25日 by asiainfo Posted in 生活 【クアラルンプール】 連邦政府は21日、サラワク州以外に発令されている第二次行動制限令(MCO2.0) 下で操業が可能な必須サービスリストを更新。 企業名: サンリスト株式会社 企業概要 【設立】2014年8月1日 【資本金】10,000,000円 【建設業許可】大阪府知事 許可(般-28)第145242号 【古物商許可】大阪府公安委員会 第621060170829号 【事業内容】 *太陽光発電システムの施工及び販売 しかし、コールセンターの架電効率のほとんどは営業リストの質によって決まると言っても過言ではないでしょう。, コールセンターの営業リストは、架電効率を上げることに大いに役立ちます。「どれだけ確度の高い企業をリストに入れられるか」で成約率も変わりますし、管理の仕方によって、架電効率は大きく変わります。, また、リストを作成・管理することで、顧客の傾向を読み解き、業界などの属性ごとに訴求する項目を事前に用意することも可能になるため、トークスクリプトの改善にも役立ちます。, 以前までは手作業で一件一件顧客情報を集め、リストを作成していたため、精度の高いリストを多く用意するのは困難でした。, しかし、今では誰でも簡単に質の高い営業リストを作れるツールが数多く登場し、コールセンターのパフォーマンス改善もしやすくなっています。, コールセンターのリストを収集する際に重要なことは、「いかに受注率の高い見込み顧客を集めるか」です。, 予算がある場合には、イベントへの出店。業界が限定される場合は業界紙、HPに力を入れている場合はIPアドレスの解析など、自社にあった収集方法で集めるようにしましょう。, また、必要なコール数の多い場合には、リストを購入するかツールの導入がおすすめです。, リスト作成ツールとは、webサイトから社名・電話番号・代表者名など、必要な情報を自動的に抽出することができるツールになります。, ただ、現在多くのツールが出回っているため、どのように選べばいいのか迷ってしまう方も多くいらっしゃるでしょう。, これらを疎かにしてしまうと、作成したリストが使い物にならなかったり、トラブルの原因となる恐れもあるため注意が必要です。, また、無料のものでもiタウンページから条件を絞ってリストを一気に抽出できるツールや、有料ツールの無料トライアルも多くありますので、個人で利用する場合はぜひ有効活用してください。, 関連記事:【担当者必見!】おすすめのリスト作成ツール3選!ツール選びのポイントは?, コールセンターのリストの本領を発揮するのは電話営業をかける時ではなく、電話営業をかけた後にあります。, 例えば、新たな商材を売り込む場合、どの業界に見込み顧客がいるのか、PCDAサイクルを回すことがほとんどかと思います。, などを記入できる項目を設けることで、どのような商材が、どの傾向の顧客にマッチするのかを分析可能になるのです。, ただ注意点として、細かすぎる情報を毎回記入すると漏れが発生する可能性や、そもそも見づらく、わかりにくいリストになる恐れがあります。, コールセンターのリストを管理する際は、使い勝手の良さも重要なことを覚えておきましょう。, 管理された情報は接触履歴や、購買・取引詳細など、常に追記・更新されるものになります。そのため新たな情報を簡単に追記できる仕組みを作る必要があります。, また、必要な情報をすぐに引き出せるよう、顧客のステータスや、社内の対応ステータスを個別に管理できるリストを作成することが望ましいでしょう。, このようなリストを作成するのは難しいと感じる方も多いかと思いますが、現在web上にはエクセルの無料のテンプレートや、AIによる自動分析が可能なツールが多く存在するため、自社の予算やリストの規模にあったものを利用しましょう。, コールセンターの架電効率を最も効率的にあげるには、見込み顧客へのコール数だけではなく、優良顧客を見つけ出し既存顧客からの売上をあげることも重要なポイントになります。, しかし、優良顧客を効率よく発掘するには細かい情報が必要となり、どうしても時間や手間がかかるという大きなデメリットがあることも事実です。, 手間をかけず簡単に「今かけるべきお客様の電話番号がわかるリスト」を作成したいとお考えの方にはリスト管理ツールの導入をお勧めします。, Golden Listは、AI(人工知能)の力と「コールセンター」「EC」に精通したコンサルタントが、ロイヤルカスタマーの発掘を支援するリピート売上・コールセンター売上改善ツールです。, 手間をかけずに、年齢・性別・電話番号区分や、時間帯ごとの接続・成約率などから細かな分析が可能なため、オペレーターの負担を軽減しながら、売上アップが期待できます。, これまで蓄積してきた営業リストを有効活用してみませんか? 30秒で自社専用の営業リストが手に入る、営業リスト抽出ツール「リストスクレイパー」の紹介です。全国約730万件の企業情報から、あなたの会社がターゲットとしている法人を抽出します。 本記事では、企業リストの作成を無料で、しかも効率的にできる方法を4つほどご紹介しています。テレアポのターゲットとなるコールリスト作りを効率化したいとお考えの方は、ぜひご覧ください。 お電話でのご相談. 大阪 06-6265-5111. 仕事内容. 営業・コールセンター・管理者 を繋ぐすべてがここに。 顧客管理と商談管理をより簡単にするオールインワンシステム. このカテゴリーでは、製品及び企業の特徴、導入企業の声などからリサーチした、コールセンターシステム開発・販売会社のおすすめ15社をピックアップしています。 コールセンター業界での独立や起業をお考えの方。独立や、起業、フリーランスなど、高いフィールドで挑戦してみたい方をコールナビがサポートするサービスです。オフィス構築、採用代行、システム構築など、課題に合わせて適切な解決策をご提案ぃたします。 営業では最重要となる営業リストですが、効率的な作成・管理をしていかないと、無駄に時間を浪費することにつながってしまいます。, この記事では、コールセンターのリストについて、作成方法や管理方法まで漏れなく解説してきます。, アウトバウンドによるプッシュ型の電話営業では、経験やスキル、センスなども問われます。 法人営業に特化したテレアポ代行・電話市場調査。ご契約から最短5日でコール開始。法人テレアポのプロが質の高いアポイントと営業活動に役立つ情報を提供します。料金は1件につき3コール250円から、企業リストは無料で提供。営業の新規開拓は是非ご相談ください。 03. 企業様の売上向上を強力にサポート致します サービスの強み. コールセンターは現在、国や地方自治体のコロナ対策の問い合わせ窓口として活用されるほか、企業の非対面接客の最後の砦でもあるコンタクト� コールセンターのリストを収集する際に重要なことは、「いかに受注率の高い見込み顧客を集めるか」です。 過去に感触の良かった会社や既存顧客の傾向に類似する企業を探す 効率的なコールセンターの営業リスト作成方法. 【コールセンター】 \未経験ok/一部上場!{大手企業}で安定勤務★正社員登用あり のページです。中高年、シニアの方に向けた転職・求人が満載。中高年の転職、再就職、アルバイト、パート、派遣の求人、仕事探しならマイナビミドルシニア リストの未更新により 情報が古い. ネオクリエイトのアウトバウンドコールセンター事業の強みは、他社とは比較にならない「対応力」、精度の高い「リスト力」、熟練されたスタッフによる「分析力」、圧倒的な「継続力」です。 コールセンター運営業界の会社(株式会社・有限会社・npo法人など)・企業を一覧にまとめました。業界や売上高、従業員規模などでさらに絞込が可能です。大手企業・上場企業から中小企業・ベンチャーまで幅広く会社情報をご覧いただけます。 勤務地. お問い合わせ. Copyright (C) 営業効率UPから売上UPへ! コールセンターアウトバウンドシステム導入ナビ All Rights Reserved. このカテゴリーでは、製品及び企業の特徴、導入企業の声などからリサーチした、コールセンターシステム開発・販売会社のおすすめ15社をピックアップしています。, 詳細ページで紹介しているのは以下の24社。ここではそのおすすめポイントをまとめてみました。, BtoC業界で大量に架電をする場合、効率を上げるために必要な機能が「プレディクティブコール」です。一度に複数の番号に発信でき、つながった番号とだけ通話することが可能になるという優れもの。有効な架電数を増やすために必要なプレディクティブコールを標準で装備しているアウトバウンド向けのコールセンターシステムについて調査しました。, ※アウトバウンドシステム名にクリックすると、それを手掛けた会社の公式HPで詳細が見られます。, 「営業効率UPから売上UPへ!コールセンターアウトバウンドシステム導入ナビ」は、2019年6月現在の情報を元に作成しています。 同業者からの口コミでシーンライブがいいと聞き、問い合わせ・相談したところ、IVRという自動応答システムが充実していて効率化のために必要な改善ポイントも教わり導入に。従業員数を増やすことなく、売上が2.3倍になりました。, 私はテレアポを管理する立場なのですが、前のシステムではその管理に便利な機能もなく、使いにくさを感じていたためモズさんのシステムに変えました。このシステムはどこにいてもアポインターの状況が確認できるので、出張時など便利です。スマートフォンで利用するシステムですのでかけ放題プランを利用することができ、通話料を下げることも実現できました。, リフォーム事業を行なっている会社ですが、集客のメインはテレアポです。システム導入前はすべてが紙ベースで、顧客情報などもデータ化できていませんでした。しかし導入後は全ての業務がスムーズになることでロスが少なくなり架電効率も飛躍的に上がりました。, 床暖房を販売しています。いままでは1件1件、地道に電話をかけ成約を取っていましたが、モズさんの「アポ放題」を導入したことで、顧客のデータ化ができ、テレアポの精度が大きく上がったことは間違いないですね。おかげさまで成約数も大きくアップです。, 以前はエクセルでまとめた番号表をみて電話をかけていました。テレアポとしては回転も悪く、また通話内容などを記録に取ることもできなかったので、非常に非効率だと言わざるをえませんでした。「Good Call」導入後は、テレアポ時の全ての物事をデータ化することができ、顧客リストもかなり充実。また、センター全体でそのデータを共有できるのも効率が上がるポイントですね。, 当社はまずテレアポし、その後訪問して商品を案内するという業務の流れです。そして、今までは私たち営業はテレアポ部隊からの紙に書かれた情報を元に顧客回りをしておりまして、訪問履歴などをデータ化するのも営業の仕事でした。夕方、会社に帰ってからの入力はとても負担でしたのでGoodCallを導入してもらいました。このシステムはリアルタイムにテレアポ部隊と営業など情報の共有ができ、訪問履歴なども一目瞭然に。何より事務仕事が少なくなり業務効率がかなりアップしています。, コールセンター業務では、もっとも人員を必要とするのが催促、督促関連業務です。そこに人員を割きすぎると、重要な顧客へのコンタクトをする業務に人員が割けず疎かになり、大きな損失につながってしまったこともありました。しかし、今回のエバーバンクの導入を経て、催促、督促関連業務の半分以上をオートメーション化。現在は顧客へのコンタクト業務もそうですが、それ以外にも、必要な人員を必要な業務にあてることができています。, 不動産業をしています。テレアポの架電効率を上げたいと思い、サイバーコール社の「コールシステム」を導入しました。結果として良かったなと思うのは顧客の管理が簡単にできるようになったことですね。今まではデータ化されてなかったので、なかなか追いきれなかった各オペレーターの業務をちゃんと管理することができるようになりました。これが功を奏し、オペレーターの技術も上がったことは確かですね。, このシステムの導入でいろいろな無駄がなくなり、前のシステムに比べ20%もコストダウンをはかることができました。正直、想像以上の結果です。また、システムの機能性が非常に高いと感じています。顧客を待たせないのも良いですし、何より顧客との通話時間が長くなりました。このことで成約も増えいいことずくめです。, 当社のやっていることを広げていくためには営業電話は必須だと考えていましたが、ノウハウがないので悩んでいました。そんな時たまたま出会ったのがアイドマさん。結果的に営業電話スタッフの求人から営業電話のシステムの導入までアイドマさんの提供しているサービスを利用させていただきました。営業電話のシステムである「SalesCrowd」はデータを蓄積できるところが気に入っています。蓄積したデータは分析することができ、より効果的なアプローチの仕方を見つけることができるのが魅力。ひとつひとつが当社の経験として蓄積されているのがわかります。, 輸入食品の販売をしていますが、取引先は主に官公庁。今後、一般企業にまで営業をかけるにあたり営業電話は欠かせないツールの1つだと感じました。熟慮の末、電話営業はアイドマさんにアウトソーシングし営業に専念しようという考えに。営業電話でのアポ取りだけではなく、データの検証などもしてくれるので、当社の財産として営業履歴が残るようになっているのがメリットです。, 弊社はテレアポ代行業務をしています。アースリンクさんのシステム導入前はエクセルの電話先データを印刷して、上からひとつひとつ電話、そして通話結果をそのエクセルに入力していくという、まさにアナログなやり方をしていました。そのことでエクセルの行の間違いなどが頻繁に起こってしまい、かなりの時間をロスすることも。導入して1年が経ちましたが、通話中にその内容を入力することができ、効率もかなり上がりました。架電数だけ見ると以前の1.5倍に増えています。, 当社の営業のファーストコンタクトはテレアポになります。特に苦労していたのが顧客データの管理です。顧客の分類や、グループごとの呼び出しなどとても大変でした。しかしアースリンクのコールセンターシステムである「sakura」導入後は特に営業進捗状況の把握が簡単にできるようになり、営業の機会を逃すことが少なくなりました。, 導入前から気持ちの良い対応だったのですが、導入後のサポートまでとても良いです。もちろん他社のサービスとも比較をして迷いましたがウィンソフトさんの「アポ王コネクト」にして良かったと感じています。 特にコールシステムの機能が便利で、スタッフも効率よく仕事ができています。, システム導入前はなんとなく効率が悪いと感じていましたが、導入した途端、コールセンター内ではひっきりなしにオペレーターの声がするようになりました。使いやすさや見込み客がはっきり可視化できる点が特に気に入っています。, 通話料無料の電話サポート、パソコンを遠隔操作してくれるパソコンリモートサポートなどサポート体制が充実, 通販事業の営業でテレアポをしています。今までは紙のリストを元に架電をしていました。時間もかかるし番号の押し間違いなども頻繁に起こっており非効率の極みでした。コスト削減グループさんの「ネオ・クイックコールプロ」はシステムが電話をかけます。そして相手とつながった場合のみオペレーターに繋いでくれるので、架電効率とそれに伴う受注数も飛躍的に上がりました。, アウトバウンドコールセンターを運営していますが拡張に伴いシステムを変えました。このシステムは非常に扱いが簡単。また初期費用やランニングコストも安いので助かっています。また、導入前の打ち合わせから、こちらの希望通りのシステムが完成し導入するまでのスパンがとても短かったことに驚きました。, 以前のシステムは運用の効率が悪く使いづらさを感じていました。通話録音をするのですが、それ専用の機材が必要で運用管理がややこしい。しかしメディアリンクさんのシステムは必要な機能がオールインワンなので助かります。また以前は業者に頼りっきりだった設定などの部分も、設定画面から簡単に変更できるので非常に便利です。, 弊社のコールセンターはサービスのサポートがメインとなります。今回、問い合わせ件数の増加に伴い以前のシステムでは対応しきれなくなったのでメディアリンクさんのシステムに変えました。イニシャルコスト、ランニングコストが以前のシステムと比べ格段に安くなるというのが決め手。使用感がとても良く、変えて良かったと思っています。, 当社は電力系通信事業者として様々なサービスを展開しており、その問い合わせに対しお客様センターを設置しています。これまでは電話での対応のみをしていましたが、チャットはSNSの対応も含めオムニチャネル化を目指しアバイアさんのシステムを導入しました。電話以上の応対品質を提供できるようになったほか、データ化なども含めオペレーション自体も大幅に簡素化されました。, まほろば工房さんのシステムを導入したことで、電話機をすべてスマホに置き換えることができ、コストを圧縮できました。またデータの一元管理化も可能になり、どこにいても確認できるのが便利です。, 今まで使っていたシステムでは障害対策として本番用のシステム以外にもうひとつ待機用のシステムが必要でした。また随時、待機用システムを本番用と同期しなければならず、また、システム障害などのトラブルの際にも本番用から待機用へシステムの切り替えをしなければならないので、どうしてもシステム管理者を配置するなど人手がかかっていました。しかしこのシステムを導入したことにより、耐障害性も高く、また、人手にも頼らないシステム構築が可能になりました。また、稼働率という面でもかなり向上したのでとても満足しています。, このコールセンターシステムを選んだ一番の理由はオプションが豊富にあり、フレキシブルにカスタマイズができるからです。ただし、使い方は若干理解するのに時間がかかる印象です。しかしサポートも随時丁寧に対応してくれるので、慣れるまでは頼りっきりではありましたがとても心強かったです。, コールセンター設立にあたり、時間がなかったこともあってとりあえずという気持ちでBIZTELを利用してみました。結果として今でも利用しているのですが、自分がコールセンター運営で必要だと思うことがだいたいできたのです。費用の面から見たところ、このコストパフォーマンスは十二分だと思っています。便利で使いやすい機能、通信の安定性も良く音も良いなどなど。また拡張性が思いのほか高いのも満足できるポイントです。このことで繁忙期、閑散期に応じた体制作りがとても楽になっています。, 安定運用が可能なことは当たり前として、特にコールセンターシステムを変えるにあたり求めていたのはオペレーターの稼働状況の管理ができること。そして、オペレーターに電話が繋がるのを順番待ちしている客や繋がる前に切ってしまった客の管理がしやすいこと。特に後者はとても重要だと思っていたのですが、OKIさんのコールセンターシステム・CTstageはコールセンターに繋がる前に切ってしまった客の再入電を優先してつなぐことができる機能がありましたので決め手となりました。, CTstageを18年間利用しています。このコールセンターシステムが原因でトラブルが発生したのはここ18年でもほんの数回程度。とても信頼がおけるシステムだと思っています。また、当社の社内システムとの親和性が高いのも魅力の1つではないでしょうか。, 10年前くらいから通販の需要が増えてきましたが、当社の顧客はシニア世代が中心のため注文は主に電話です。エクセルで顧客管理はしていましたが、注文の際にそのデータを呼び出す時間などもかかり、電話口で待たせてしまうなど苦労していました。また、電話は通販と業務が同じ回線を使っていたのも大変なことの1つでした。導入後は、まず着信で通販客なのか法人客なのかが自動で表示されるし、顧客管理も一元化できました。通販では送り状の発行までこのシステムからできてしまうので大変効率的になりました。, 社内のシステムは大塚商会さんで一括で管理してもらっています。食品の販売をしていますが、通販がかなり増えてきたこともあり、顧客管理をするシステムを導入したいという相談を大塚商会さんにしたところ提案していただいたのがこのシステム。導入してみて早くすべきだったと後悔したほどに便利で効率的です。, 修理受付等の窓口の「カスタマーセンター」と、修理作業担当の「サービスセンター」、そして製品や修理品の配送の「ロジセンター」という3つのセンターでの情報共有ができることがシステムを導入する上での絶対条件でした。その連携がないことには顧客満足度を得られないと考えています。そして検討を重ねテクマトリックスさんのFastHelpの導入に踏み切りました。連携はもちろんのこと、他にも便利な機能が多くあり、費用面もサポート、セキュリティも申し分ありません。, 沖縄支店でオペレーター20名体制でコンタクトセンター業務をしています。2018年に新たなCRMシステムへ7年ぶりに変えることを決め選定しました。機能性の良さ、使い勝手の良さ、シェアの高さなどは基本条件としつつ、一番重視したのは拡張性です。期間限定のキャンペーンをしたり、あるいは法改正などで必要とされるカスタマイズが容易にできる必要がありました。またオペレーター目線でシステムが変わることによるストレスなどを軽減したいという思いもありました。特に導入時には旧システムから新システムへの移行がとてもスムーズだと感じました。そして操作性も旧システムとわりと似ている部分もあり、オペレーターもすんなり入れたのは良かったです。, 当社はマルチベンダーサポートをしているので、顧客ごとに取り扱う内容が全く違います。そんななかコールセンターではスピーディーに細やかに対応することが求められます。今回のコールセンターシステム・Unicallの導入効果は顧客の検索時間の短縮がなされたこと。また、オペレーターにとって使いやすいシステムで、システム導入の際にはマニュアルなどを見なくても直感的に操作ができるので移行もスムーズだし、何より仕事の効率も向上しました。, 楽天コミュニケーションズのクラウド型コールセンターシステムは初期投資も固定費も低減できるということもあり導入。何せパソコン、ヘッドセットとネット環境があればすぐにでも始められるシステムなので。しかも導入した後がまた凄かった。オペレーターの生産性が今までの1.5倍までになったんです。オートコールや架け漏れ防止機能などとにかく効率的になった。また、マネジメントの点でもオペレータの稼働率などデータ化されるし、改善点も明確になりました。, このシステムを選んだのは初期コストが安いこと、そして最小2席からはじめられること。席数を増やしたい場合は月単位で増やせること。そして機能面で必要だと思ったことがほとんど入っていることが理由に挙げられます。当社は高機能家電、最先端精密機器、プライベート家電などの修理業務を請け負っています。修理業務の付加価値としてコールセンター業務の請負もしています。最初は2社ほどのコールセンター業務で利用しておりましたが、評判が良く、今では全ての会社のコールセンター業務、140席で利用しています。, 初期費用、ランニングコスト的にメリットが大きかったので導入しました。繁忙期、閑散期がありますので、フレキシブルに席数の増減ができ当社側でコストをコントロールできます。また、システム障害の可能性が低いので安心なのもポイントでした。あとはやっぱり担当の営業さんの人間性ですね。, 電話業務の効率化を求めて導入。1日に100件以上の発注の電話が鳴り、事務スタッフが通常業務をしながらの対応だったのだが苦労していた。また、会社名が似通っていたり、電話主の会社の特定に時間がかかるなども問題だらけ。導入の結果、電話が鳴ったと同時に顧客情報などが見れるので、特定作業などに取られる時間が減りかなり楽になった。あとは誰でも電話を受けることができるようになったのも大きい。, コールセンターの移転にあたりNTTコミュニケーションズさんから提案いただいたのがクラウド型PBXサービスでした。オンプレミス型とも比較検討したが、今後のさらなるコールセンターの移転もあるかもしれないことから、クラウド型の方が移転が簡単なので決めました。移転の設定も比較的簡単でしたし、席数増減の設定なども簡単にできてとても使いやすいです。, データーセンター事業とインターネットサービス事業を行っており、すべてのサービスで電話サポートを行なっております。問い合わせ数もかなり多く、今まで利用していたシステムをより便利に変更したい場合でも見積もりから始まって…と時間とお金がかかっていました。とにかくこのタイムロスは如何ともし難く、システムを変える決断をしました。ブルービーンさんのシステムはとても柔軟性があって即時性もあり。コストと使い勝手のバランスがとてもいいです。また、使ってみてリアルタイムモニタというオペレーターの稼働状況が一目でわかる機能は、当初から求めていたわけじゃないが、とても役立っています。結果としてオペレーターのフォローが適時できるようになったのはメリットです。.