車両事故の約30%は駐車場内で発生しているという統計があります。場内の事故のうち、施設物との接触による事故が約30%、車同士の接触・衝突事故が約55%と両者で85%を占めています。また、駐車場内における施設物との接触事故率は公道に比べて約10%高いという特徴があります。 よってコインパーキングを作るにあたっては、場内のレイアウトをよく検討し、精算機・料金看板などの設置物を適切に配置するなど、利用者が使いやすく事故を起こしにくい駐車場を設計する必要があります。 事案の概要. コインパーキング利用者に向けて実施したアンケートでは、19.5%(5人に1人) の人がロック板事故を経験しています。 ロック板駐車場での事故経験者数 東京都駐車場10ヶ所 2011年12月5日~2011年12月20日 アンケート集計人数 200人 コインパーキングにバックして停めようとしたらロック板が上がったままだったのでバンパーがぶつかり損傷した事案 東京地方裁判所平成23年8月10日判決. パーツ装着車やミニバンは注意が必要な場合も コインパーキングではかなりメジャーなロック板(フラップ)式駐車場。クルマを止めるとロック板が上がり、料金を支払うとロック板が下がり、数分以内に … トヨタ プリウスのコインパーキングでの駐車方法!(詳細)に関するtechnical expert STKの整備手帳です。自動車情報は日本最大級の自動車SNS「みんカラ」へ! 念のため、いくつかの主要なコインパーキング会社に電話して、コトの顛末を話し確認してみたところ、同様なセンサー&ロック板方式を採用している駐車場に関しては、どこも概ね同じような規定を設けている…とのことでした。 コインパーキングにつきもののロック板。しかし、このロック板があるために、クルマのタイヤやホイールに傷がついたり、人がつまずいて転倒するといったトラブルも少なくない。また、運転や車庫入れがあまり得意ではない人にと… ロック板のない駐車場には、不正利用を防止するよりも、まずトラブルを避けるという意図がありました。一面では、利用者との信頼関係で成立している方式ともいえそうです。 参照元:ヤフーニュース コインパーキングから「ロック板」消える? コインパーキングの上手な利用方法 ~ロック式コインパーキングの入出庫は慎重に~ 消費者注意情報. コインパーキングから「ロック板」消える? 不正防止よりも重要視することとは(乗りものニュース)コインパーキングで近年、「ロック板」を廃止した方式が増えています。どのように不正利用を防止し、そしてなぜそれが広がりつつ… 平成27年12月16日. コインパーキングを経営していて心配になるポイントの1つが、不正駐車場利用の被害に遭うことでしょう。この記事では、コインパーキングが不正駐車場利用された場合の対処法や防犯対策を紹介します。 【コインパーキングの素朴な疑問】ロック板って何分後に上がるの? 車に乗る方なら一度は利用経験のあるコインパーキング。 中でも車を停めるとロック板が上がる仕組みのもの(ロック板式)が多くの駐車場で採用されています。 ゲート式機器が設置できない地形や道路に面した小スペースで駐車場を運営するのに最適なロック板方式の駐車場システムです。三菱プレシジョンのロック板は、高耐久性ロック板を使用しております。 コインパーキングというと!ロック板で車を固定するタイプが定番です。しかし最近は、ロック板が無いコインパーキングが台頭しつつあります。そんな、ロック板レスのコインパーキングについて、その仕組みやメリット・デメリットを見ていきましょう。 相談事例 1 <コインパーキングのロック板が車体に当たった> ロック装置の要らない新しいタイプのコインパーキングが、数を増やしつつあります。 今回は、ユアー・パーキングも導入しているロック装置なしのコインパーキングの仕組みとメリットについて解説致 … ロック装置方式は、駐車するとロック装置が跳ね上がって車が動かせなくなり、料金を精算するとロック装置が下がって出庫可能になるという仕組みです。 ロック装置方式が普及する以前は、駐車場の入口で駐車券が発券され出口で精算する「ゲート式」が主流でしたが、処理が簡易で車が流れやすいロック装置方式が開発されると、こちらが一気に広まりました。 コインパーキングにクルマを止めて帰るとロック板のバーが上がっていない時どうしたら良いの?もしかするとこれはラッキーなのでは?でも後から何か言われたりしないだろうか?ロック板のバーが上がっていない時の対処方法をわかりやすく解説致します。 例えば、ロック板が正常に作動しないことで車やロック装置が傷ついたり、また正常に作動していても車の下部に接触したりすることがあります。 これらのトラブルを回避するため、最近ではロック板の要らないロックレスコインパーキングが増えています。 近年、コインパーキングのロック板を乗り越えて、料金を踏み倒す事例が多発しています。しかし、料金の踏み倒し行為は立派な犯罪であり、逮捕にいたるケースも出ています。 ロック板が無いからとめやすいコインパーキング「パークネット」。このページではパークネットの特長であるロック板が無いことについてご紹介しています。 その名のとおり、従来のコインパーキングに必須不可欠だったフラップ(ロック板)が無いフラットな普通の月極め駐車場のようなスペースで、監視カメラが利用車のナンバーを認識し管理する驚きのシス …