夜景を堪能したいと思い立ったら、日本3大夜景の一つ、 神戸の夜景、まやビューライン掬星台(きくせいだい)を紹介します。掬星台は、若者の夜景デートスポットとしてとても有名です。 ここでは摩耶山・掬星台の夜景が楽しめる時間帯・アクセスや駐車場についてご紹介します。 神戸の2つの山、六甲山と摩耶山へ行き方、魅力を紹介する神戸六甲山ポータルサイトです。ここでしか味わえない魅力と、モデルコースやアクセス方法など観光に役立つ、とっておきの情報を発信しています。 摩耶山 薄暮、日没、夜景を見に行く。母親を連れて行く。 駐車場へ向かう道 六甲山牧場やっているらしい。自然の家を過ぎて、掬星台へ向かって歩いている人が意外といる。 駐車場 準備して歩道に出ると、先程の親子母連れ4人が通る。 お出かけ 2019.10.31 2020.03.23. 六甲山の代表的な夜景スポットは、 (1)摩耶山掬星台 (2)六甲ガーデンテラス (3)ビーナスブリッジ (1)摩耶山掬星台; 住所は、神戸市灘区摩耶町2-2; 車の場合; 表六甲、西六甲、奥摩耶各ドライブウェイ経由、天上寺駐車場より徒歩10分. 神戸を代表する夜景観賞スポットの六甲山・摩耶山へ、電車やバス、ケーブルカーなどの交通費をできるだけ安く抑えていきたいあなたに、アクセス方法とあわせてお得な割引切符を紹介します。出かける前にチェックしてみてください。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); まず、山の上は冷えます。季節にかかわらず、標高の高いところでは気温が低くなりますので、羽織るものを持っていくようにしましょう!, 山道の運転は要注意です。山には野生動物がいます。人がたくさんいる展望台などは問題ないでしょうが、行き帰りの山道は車のライトに動物が出てくることは珍しくありませんので、運転はくれぐれも慎重に!季節によっては道路の凍結にも注意しましょう!, 夜景を楽しむ場合、夜間の駐車場は無防備になります。貴重品は必ず持って、車上荒らしに合わないように注意しましょう!展望台までの道のりも暗い場合が多いので、携帯のライトなどを有効活用しましょう!. 夜景を見に行かNightでは全国の夜景スポットを紹介しています。このページでは、摩耶山 掬星台へのアクセス方法、最寄り駅、駐車場の有無、料金、営業時間、夜景の評価等、摩耶山 掬星台 の夜景について詳細に紹介しています。 夜景が有名な摩耶山・掬星台のアクセス!車だけじゃない全てのルート紹介 六甲山の夜景 車で行く初デート必勝スポット. 「摩耶山掬星台の混雑や夜景、ロープウェイの混み具合も教えて欲しい!」 長崎、函館、そして神戸!と言えば「日本三大夜景」の一つ。 神戸の夜景と言えば「摩耶山掬星台」の展望台。 神戸の夜景を見るために摩耶山へ遊びに行かれる方 […] 六甲山・摩耶山の夜景は日本でもトップレベルの美しさ。1,000万ドルとも称させるほどの煌めきある夜景は一生に一度は見ておきたいもの。そこで、六甲山系の夜景スポットを夜景写真家 岩崎 拓哉のオススメ順に紹介! 日本には日本三大夜景と言われる美しい夜景が3つ存在します。特に兵庫県神戸市・掬星台からの夜景はデートスポットとしても有名。今回は、神戸の中心地・三宮からの掬星台へのアクセス方法をご紹介します。 - part 2 日本三大夜景は函館山・摩耶山(神戸)・稲佐山(長崎)として知られていますが、神戸の日本三大夜景は、「摩耶山」の掬星台(きくせいだい)を指しています。 名前の由来は「手で星が掬(すく)える」ぐらい標高が高いということで、昭和天皇もご覧になられたほど有名な夜景ス … 【摩耶山の夜景情報です。】神戸から紀伊半島まで光で埋まる大パノラマの夜景。ウォーカープラスの2018年夜景特集“夜景時間 Yakei hours”では、夜景を楽しむための情報がいっぱい! 訪れた人の心を掴んで離さない、摩耶山(まやさん)掬星台(きくせいだい)からの夜景、ご覧になったことはありますか?写真で見るだけで心を奪われてしまいます。こんな夜景を実際に自分が体験するなんて、ロマンチックすぎてずっと夢の中にいたくなってしまいます。, その掬星台までのアクセスですが、車の他にも何通りかあります。掬星台周辺の情報も含めて、どんなルートで行くことができるのか、全てご紹介いたします!今回の予定にどのルートがベストか、ぜひ参考にしてくださいね。, 「夜空の数多の星々を手で掬(すく)うことができそうだ」という先人の言葉からつけられた掬星台の名前。そんな誰をも感動させる掬星台は、摩耶山の山上にあります。, 車の場合、まずは六甲ドライブウェイを目指しましょう。六甲ドライブウェイも何本かありますが、次に奥摩耶ドライブウェイに乗りますので、接続が問題なければご自宅から行きやすい道で問題ありません。, 500mほど手前で通行止めになっていますので、掬星台駐車場(天上寺前)に車を停めて、そこからは10分ほど登りを歩いていきます。, 駐車場は1回500円で利用可能で、24時間OKですのでとっても便利です。ただ、台数は85台までなので、混み合っている日には満車になる事もあります。, 次のルートとして、ケーブルカーとロープウェイを乗り継いで掬星台に行く、まやビューラインのルートがあります。, 車だと、運転手さんは途中の絶景が残念ながら眺められませんが、こちらであれば一緒に感動しながら道のりも往復できますね。, この摩耶ケーブル虹の駅、近畿の駅百選に選ばれています。大正14年から続くケーブルカーは、車体のみならず駅そのものも、大正ロマンの残る素敵な駅です。, ケーブルカー・ロープウェイ共に、乗車時間は5分くらいですので、乗り換え時間と星の駅からの徒歩の時間を入れても、ゆっくり30分もあれば、ふもとから掬星台まで到着できます。, 土日祝で20時50分、平日だと17時30分が最終の時間になりますので、チェックしておきましょう。, 途中まで登山して後半はロープウェイに乗ったり、最初の前半はケーブルに乗って後半を登山など好きなように選べます。, 摩耶山の標高は702mとそんなに高度ではありませんが、簡単なお散歩気分で行けるルートではないので、しっかり登山をするという準備をして臨んでください。, 登山も楽しんでみたいという方にとっては、山を楽しみ、更に他の山では味わうことのできない絶景を堪能できますので、一石二鳥の喜びです。, 登山ルートの中でも初心者コースから上級者向けのコースもありますが、1番登りやすく整備されているのは上野道コースになります。, 夜景まで楽しみたいようであれば、帰りはロープウェイ・ケーブルカーのルートを利用しましょう!, 掬星台には、レストランの機能を兼ね備えたカフェやテラスが併設されているゲストハウスがあります。摩耶ビューテラス702です。まやビューライン星の駅の2階にありますので、とても立ち寄りやすいですね。, まずバーベキューテラスでは、1000万ドルの夜景を眺めながら、手ぶらでバーベキューを楽しむことができます!予約の時間に合わせて炭もおこしてくれるというサービスで、若いグループや家族連れにも大人気です!, そして、室内のCAFE702では、ソフトドリンクからアルコール、そしてコスパがとっても高いフードメニューも揃っています!1,000円以内で本格的な喫茶店の人気メニュー、カレーライスやハンバーグなどを食べることができます。, 雨でキラキラした夜景もまた違った魅力がありますので、もし決行日の天気が悪くても、摩耶ビューテラス702で満喫して帰りましょう!, 摩耶夫人尊は女性にとってとても御利益のある女尊で、安産や子育ての守護神として知られています。それだけではなく、女性のあらゆる病気や苦難からも救ってくださるという大変ありがたいお寺になります。, 美しく整えられた境内や石庭もとても癒される空間ですので、ぜひ訪れることをおすすめいたします!, そして、美しい夜景を一晩中眺めていたいという方のために、摩耶山には優雅に楽しめるホテルもあります。, オーベルジュという名のとおり、ホテル内にあるレストラン「リストランテ エルベッタ」は旬の食材を活かした本格イタリアンがいただけます。夜景を眺めながら、美味しいお食事と共に、ついついワインもすすんでしまいそうですね。, そして、宿泊者のみ利用できる屋外ジャグジーは、最高の夜景を楽しみながら過ごせるラグジュアリーな空間です。, 宿泊プランの中には「1000万ドル夜景の眺望確約プラン」も1日3部屋限定でありますので、特別な記念日に計画してみてはいかがでしょうか?, でも当たり前ですが、夜景を見ることができるのは夜です。そして、より美しく見ることができるのは、ほとんどが山上のような高いポイントです。, せっかくの非日常の世界から、一気に現実に引き戻されるようなことにならないように、ポイントだけ気を付けて楽しい時間をすごしましょう。, 摩耶山掬星台への全ルートから、周辺おすすめポイントまで、ぎゅっと詰め込んでご紹介してきました。, お子さんと一緒ならば、きっと家族みんなで見た1000万ドルの夜景は、記憶の中にインプットされること間違いありませんね。. 夜景写真の先駆者でもある縄手真人(なわてまさと)氏が中心となって平成15年4月1日に発表されたのが新日本三大夜景。 函館山(函館市)、摩耶山掬星台(神戸市)、稲佐山(長崎市)の日本三大夜景とは、少し趣を異にして、山梨県笛吹。 チャットを開始 この記事では、摩耶山掬星台の魅力を紹介しています。摩耶山掬星台は、神戸市でも指折りの夜景スポットです。今回は、そんな摩耶山掬星台の見どころやアクセス方法、ロープウェイの詳細などをお話しします。摩耶山掬星台に行く予定の方は、ぜひ読んでみてください。 摩耶山を実際に訪れた旅行者が徹底評価!日本最大級の旅行クチコミサイト フォートラベルで摩耶山や他の観光施設の見どころをチェック! 摩耶山は六甲山・摩耶山周辺で6位の自然・景勝地 … 摩耶山は、兵庫県の六甲山地のほぼ中央に位置する標高702m(三角点698.6m)の山で、一般の観光客の方は、車を利用して山上まで続くドライブウェイで行くか、山麓からケーブルカーとロープウェー(まやビューライン)を乗り継いで上がります。 摩耶山の夜景(兵庫県神戸市灘区摩耶山町2) 日本三大夜景は函館・神戸・長崎として知られていますが、神戸の日本三大夜景は、ここ「摩耶山」の掬星台となっています。 名前の由来は「手で星が掬(すく)える」ぐらい、標高が高いということのようです。 ここからの夜景は、六甲アイ … 「摩耶山 掬星台」の夜景撮影&デートスポット情報。六甲山系には数多くの夜景スポットがあり、その中でも摩耶山は長崎県の稲佐山、北海道の函館山と共に日本三大夜景の一つに数えられる関西ではナンバー1の夜景スポットです。 兵庫県は神戸市に横たわる六甲山地の摩耶山(まやさん)山頂付近にある掬星台(きくせいだい)。 函館の函館山、長崎の稲佐山と並んで日本三大夜景のひとつに数えられる、絶景スポットです。 さて、今回は史跡ではないので予習はちょろっとだけですね。 日本三大夜景の六甲山系の摩耶山、新日本三大夜景の若草山、そして夜景100選の生駒山に比叡山と 関西は日本最大の夜景エリア です。 関西の夜景を知らずして、夜景を語るべからず。 摩耶山掬星台天の川遊歩道の名称決定 「摩耶★きらきら小径」(2005.6.25) 夜景の名所、摩耶山掬星台で整備が進められている「天の川遊歩道・菊星台ミルキーウエイ(仮称)」の正式名称が公募の結果「摩耶★きらきら小径」と決定しました。 掬星台の観光情報 交通アクセス:(1)阪急神戸線六甲駅より市バス40系統40分、まやロープウェー星の駅より徒歩すぐ。掬星台周辺情報も充実しています。兵庫の観光情報ならじゃらんnet 摩耶山山上にある展望広場で、六甲山周辺の夜景の名所のひとつ デート向け|六甲山・摩耶山の夜景スポット (7) 神戸の中でも最も夜景が美しいエリア。摩耶山は日本三大夜景に選定されており、神戸どころか全国屈指の美しい絶景夜景を楽しめる。ケーブルカーでもアクセスできるが、車でのアクセスの方がスムーズ。 夜景スポット名: 摩耶山 掬星台: 所在地: 神戸市灘区摩耶山町2-2 (地図) 夜景鑑賞: 終夜可能: 展望料金: 無料: 駐車場: 車で掬星台まで行く場合 掬星台には駐車場が無いので、摩耶山天上寺前の駐車場を利用します。 「まやビューライン夢散歩」を利用する場合 1000万ドルの夜景として知られる「神戸夜景」。雄大なパノラマなら、六甲山や摩耶山から見下ろす青味を帯びたしとやかな夜景がおすすめです。ベイエリアでは、ハーバーランドやモザイクガーデンなど、オレンジ色を基調としたきらびやかな夜景が楽しめます。 摩耶山・マヤ遺跡ガイドウォーク公式ページも。神戸の都心からすぐ、豊かな自然と、悠久の歴史、すばらしい景色が楽しめる摩耶山のポータルサイトです。摩耶山イベントカレンダー、マヤ暦、まやビューライン(摩耶ロープウェー、摩耶ケーブル、坂バス)情報、摩耶山を楽しむマヤ … 恋人・夫婦間で連れていってほしい、連れていきたい夜景 1位「摩耶山 掬星台」、2位「ハルカス300」 3位は、男性「梅田スカイビル」女性「メリケンパーク」という結果に。 車に乗って夜景デートへ行ったことがあると答えた男性は7割、女性は8割。 電車の場合 兵庫県六甲の摩耶山掬星台の夜景を見に行きたいのですが、カーナビに入れる住所がわかりません。皆さんはどこを目印にナビに住所入れてますか?車での行き方、詳しく教えて頂けないでしょう か? この住所で大丈夫だと思います。「神戸市灘区摩耶山町2-8」これはオテルド摩耶の … 摩耶山掬星台からの神戸1000万ドルの夜景を満喫できる夜景ツアーは、ケーブルとロープウェーを乗継ぎ日本三大夜景の掬星台で神戸1000万ドルの夜景を鑑賞。アクセスが不便な六甲山へ手軽に行ける三宮駅発着のお手軽な夜景ツアーです。 兵庫県 六甲ガーデンテラス レストランもあるよ! 兵庫県 摩耶山 まやビューライン掬星台 告白の決め手は場所にあり; 兵庫県 摩耶山 まやビューライン掬星台; 英国風テラスで眺める夜景とイルミネーション. この記事では、摩耶山掬星台の魅力を紹介しています。摩耶山掬星台は、神戸市でも指折りの夜景スポットです。今回は、そんな摩耶山掬星台の見どころやアクセス方法、ロープウェイの詳細などをお話しします。摩耶山掬星台に行く予定の方は、ぜひ読んでみてください。, この記事では、神戸市にある「摩耶山掬星台」の魅力をまとめています。摩耶山掬星台は、ステキな夜景が見られるとして有名な場所です。そこで今回は、摩耶山掬星台の夜景を始めとした魅力、ロープウェイなどのアクセス方法、駐車場の有無などを徹底解説します。これを読めば、摩耶山掬星台でスムーズな夜景鑑賞を楽しめるはずです。, 冒頭でもお話ししたとおり、神戸市にある「摩耶山掬星台」はステキな夜景が見られる場所として人気があります。摩耶山掬星台で夜景を見ようと、県内から多くの方が訪れます。県内だけでなく、県外からも、夜景好きな方が車を走らせて来ます。, 一般的な夜景スポットですと、県内から訪れる方は一定数いますが、県外からわざわざ訪れるほどではありません。しかし、摩耶山掬星台は、県外に住んでいる方が訪れる夜景スポットです。これは、摩耶山掬星台が全国的に人気な夜景スポットである証です。, 知っている方も多いと思いますが、摩耶山掬星台は「日本三大夜景」の1つに数えられています。日本で夜景を見るならこの3ヶ所がおすすめ、という場所の1つに摩耶山掬星台が選ばれているんです。だから摩耶山掬星台は、県外からも人が多く訪れます。, 全国的に見ても、おすすめ夜景スポットの摩耶山掬星台。なお、摩耶山掬星台を除く日本三大夜景のもう2ヶ所は、次のとおりでした。北海道函館市にある「函館山」、長崎県長崎市にある「稲佐山」です。これら2ヶ所に肩を並べるのが、摩耶山掬星台なんです。, 神戸市にある「摩耶山掬星台」は、日本三大夜景の1つとして、県内外から多くの人が訪れます。それほど人気の夜景スポットなのですから、摩耶山掬星台はデートスポットとしてもおすすめできます。, 遊園地やアウトレット、そして夜景スポットは、代表的なデートスポットです。そのため、日本三大夜景の1つである摩耶山掬星台もまた、デートスポットとして非常に人気があります。摩耶山掬星台からは、神戸市街と大阪湾の景色が見られます。, 夜に摩耶山掬星台に訪れば、満天の星空のように光り輝く街の灯りを一望できます。赤に白、青など様々なネオンの灯りは、見るものをおっとりさせます。大切な人とデートで訪れば、ステキなひと時を過ごせること間違いなしです。, デートスポットとして絶大な人気を誇る神戸市の「摩耶山掬星台」。そんな摩耶山掬星台に訪れるなら、季節や曜日に注意しておくことがおすすめです。, 先に言ってしまいますと、夜景を見る目的で摩耶山掬星台に訪れるのであれば、金曜日、土曜日、日曜日、祝日のいずれかがおすすめです。なぜこの曜日に訪れるべきかと言いますと、このいずれかなら夜までロープウェイが運行しているからです。, 詳しいことは後述しますが、摩耶山掬星台のロープウェイは月曜日から木曜日までですと、夕方までしか運行していないんです。なので、月曜日から木曜日の間にロープウェイを利用して訪れても、夜景を見る時間には帰らなくてはなりません。, 時間に焦ることなく夜景を楽しむためにも、摩耶山掬星台には金曜日から日曜日の間、そして祝日に訪れるのがおすすめです。また、摩耶山掬星台には夏シーズンに訪れるのもアリです。夏シーズンのロープウェイは、平日の営業時間も長くなるからです。, 摩耶山掬星台のロープウェイは、夏シーズンに限り、月曜日から木曜日の間も夜まで運行しています。こちらに関しましても、詳しいことは後述していますので、この調子で読みすすめていってください。, 「摩耶山掬星台」と聞くと、神戸市を代表する夜景スポットと連想しますが、摩耶山掬星台での楽しみ方は何も夜景鑑賞だけではありません。じつは摩耶山掬星台の北側には、自然観察園があるんです。「摩耶自然観察園」です。, 摩耶自然観察園は、2ヘクタール近くある大規模な自然観察園です。敷地内は遊歩道が整備されており、安全に植物を見て回れます。, 摩耶自然観察園には、夏シーズンに訪れるのがおすすめです。なぜなら、6月から夏場にかけての間は、きれいなアジサイが咲いているからです。昼すぎに摩耶山掬星台に訪れて、夜景を見る前に自然観察園で植物を見て回るのも、デートとしてアリです。, なお、摩耶自然観察園の入場料ですが、料金が発生することはありません。摩耶自然観察園は「無料」で入場できます。自由に入れますので、散歩がてら遊歩道を散策してみてはいかがでしょうか。, 神戸市の夜景スポットである「摩耶山掬星台」の近くに、カフェがあることをご存知でしたか。カフェの名前は「摩耶ビューテラス702」といいます。, 摩耶ビューテラス702は、摩耶山掬星台のロープウェイ駅「星の駅」の2階に位置しています。そのため、誰でも摩耶ビューテラス702に簡単にアクセスできるんです。, 摩耶ビューテラス702では、スコーンやガトーショコラなどのスイーツや、カレーライスやホットドッグなどのフードメニューが充実しています。もちろん、コーヒーを始めとしたドリンクメニューも揃っており、カフェの一般的なメニューなら何でもあります。, そんな摩耶ビューテラス702には、一般的なカフェにはない特徴があります。摩耶ビューテラス702は、駅の2階に位置していることもあり、窓から夜景が楽しめるんです。, なお、摩耶ビューテラス702の基本情報ですが、営業時間は11時から17時までとなっております。17時までしか営業していないのであれば、夜景が見られないと思われるかもしれませんが、ご安心ください。, 摩耶ビューテラス702は、金土日祝は11時から20時30分まで営業しています。20時30分まで営業していますので、余裕を持って夜景が楽しめます。また、夏シーズンは、月曜日から木曜日の間でも20時30分まで営業しています。, ちなみに冬シーズンの営業時間は少し異なっており、金土日祝は11時から19時30分までの営業となっております。冬シーズンは暗くなるのが早いですので、19時30分までしか営業していなくとも、じゅうぶん夜景が楽しめます。, ここまでの間で、神戸市にある「摩耶山掬星台」の夜景スポットとしての魅力を解説してきました。続きましては、摩耶山掬星台の基本的な情報を解説していきます。, 基本的な情報といいますと、営業時間や定休日などのことを指しています。ここ摩耶山掬星台の場合は、次のような基本的な情報を解説しています。, 摩耶山掬星台の営業時間、定休日、入場料、アクセス方法、駐車場の有無です。これら5つの摩耶山掬星台の基本情報を、本記事ではお話ししています。, 以下の項目では、摩耶山掬星台だけでなく、ロープウェイの運行時間についても触れていますので、ロープウェイを利用してアクセスしようと計画中の方もじっくり読んでいってください。それではまず、1つ目の基本情報から見ていきましょう。, 神戸市にある「摩耶山掬星台」の基本情報、1つ目は「営業時間」についてです。こちらの項目では、摩耶山掬星台の営業時間に加え、ロープウェイの運行時間についても触れていますので、ぜひご覧になってください。, 摩耶山掬星台で夜景を見る上で、営業時間を調べておくことは重要です。誰もいない時間帯を狙って深夜帯に夜景を見に行き、摩耶山掬星台が閉まっていたら、訪れた意味がまったくないからです。, 調べてみたところ、摩耶山掬星台自体には営業時間は設定されていませんでした。なので、摩耶山掬星台に自家用車で訪れる方は、あなたの都合にあった時間帯に行って大丈夫です。摩耶山掬星台は、終日開放していますので。, しかし、摩耶山掬星台のロープウェイは違います。ロープウェイには、運行時間がしっかり設定されていました。摩耶山掬星台のロープウェイの運行時間は、季節や曜日によって異なります。具体的な運行時間は、次のようになっていました。, まず、3月20日から7月19日までの春シーズン、そして9月1日から10月31日までの秋シーズンは、始発が10時で終発が17時30分となっていました。こちらの運行時間は月曜日から木曜日までのもので、金土日祝は始発が10時で終発は20時50分です。, 続いて7月20日から8月31日までの夏シーズンは、平日・休日関係なく、運行時間は始発が10時で終発が20時50分に設定されていました。平日と休日で運行時間が変わらないので、夏休みなどの時期に訪れやすいです。, 最後に11月1日から3月19日までの冬シーズンですが、始発が10時で終発が17時30分です。この平日の運行時間は、春・秋シーズンと変わりません。しかし、冬シーズンの金土日祝の運行時間は、始発が10時で終発が19時50分と、1時間早めに設定されています。, 神戸市にある「摩耶山掬星台」の基本情報、2つ目は「定休日」についてです。定休日は、営業時間よりも重要な基本情報です。摩耶山掬星台に訪れた日がちょうど定休日だったら、せっかくの夜景鑑賞が台無しですので、定休日をしっかり調べましょう。, スケジュール調整が難しい方に、嬉しい報告があります。なんと、摩耶山掬星台には定休日がまったくなかったんです。毎週何曜日が決まってお休みなどがありませんので、行きたいと思ったその日に摩耶山掬星台にアクセスできます。, 摩耶山掬星台自体に定休日はありませんでした。しかし、摩耶山掬星台のロープウェイには定休日が設定されています。摩耶山掬星台のロープウェイは「毎週火曜日」が定休日となっております。火曜日は運行していないので、火曜日以外に訪れるのがおすすめです。, 神戸市にある「摩耶山掬星台」の基本情報、3つ目は「入場料」についてです。営業時間・定休日が設定されていない摩耶山掬星台ですが、入場料は設定されているのでしょうか。, 結論を言いますと、摩耶山掬星台には入場料の設定がありません。なので、摩耶山掬星台は無料で夜景鑑賞ができます。, 入場料が無料なのは、素直にありがたいです。入場料が無料という意味でも、摩耶山掬星台は誰にでもおすすめの夜景鑑賞スポットと言えるでしょう。, 神戸市にある「摩耶山掬星台」の基本情報、4つ目は「アクセス方法」についてです。摩耶山掬星台に初めて行くという方は、本項目で摩耶山掬星台への行き方を知っておきましょう。, 摩耶山掬星台へは、次の2種類の方法でアクセスできます。「自家用車」に乗って行く方法と、電車などの「公共交通機関」を利用して行く方法です。, それぞれのアクセス方法について1つずつ詳しく解説しますので、自分にはどちらのアクセス方法が合っているのか、チェックしてみてください。それではまず、自家用車でのアクセスの詳細から見ていきましょう。, 神戸市にある「摩耶山掬星台」へのアクセス方法、1つ目は「自家用車」に乗って行く方法です。摩耶山掬星台へは、ロープウェイを使ってのアクセスが一般的ですが、車だけでも十分アクセスできます。, 摩耶山掬星台に自家用車で行く場合、高速道路を利用することをおすすめします。高速道路に乗り、降りるべきは「魚崎インターチェンジ」です。魚崎インターチェンジで降りたら、お次は表六甲ドライブウェイを走ります。, 表六甲ドライブウェイで六甲山牧場方面に向かいましょう。この方面に向かって約30分ほど運転すれば、目的地である摩耶山掬星台にたどり着けます。, 神戸市にある「摩耶山掬星台」へのアクセス方法、2つ目は「公共交通機関」を利用して行く方法です。公共交通機関で行く場合、まずは電車に乗って「三宮駅」を目指します。三宮駅に到着したら、バスに乗り換えます。18系統の神戸市バスに乗りましたら、「摩耶ケーブル下」の停留所に停まりますので、そちらで下車します。, 摩耶ケーブル下で下車しましたら、後はもうロープウェイを利用するだけです。ロープウェイで星の駅に降りれば、眼前にステキな夜景が広がっていることでしょう。, 神戸市にある「摩耶山掬星台」の基本情報、5つ目は「駐車場の有無」についてです。駐車場ということで、こちらは自家用車でのアクセスを検討中の方に向けてです。, 結論を言いますと、摩耶山掬星台の近くに「天上寺前駐車場」がありますので、そちらに車を駐車しましょう。天上寺前駐車場の駐車料金は「1回500円」です。, 摩耶山掬星台は、天上寺前駐車場から徒歩10分ほどの場所にありますので、利用する価値が大いにあります。摩耶山掬星台へは車でもアクセスが可能なので、ぜひ1度訪れてみてください。, 神戸市にある「摩耶山掬星台」の魅力、おわかりいただけたでしょうか。摩耶山掬星台は、日本三大夜景の1つに数えられるほどの夜景スポットです。摩耶山掬星台で恋人と夜景をみれば、ステキなひと時になること間違いありません。摩耶山掬星台に興味がわいた方は、ぜひ本記事で紹介したアクセス方法などの基本情報を参考にしてください。, 摩耶山掬星台で神戸の夜景を望む!アクセスやロープウェイの営業時間も紹介!のページです。TRAVEL STAR[トラベルスター]は旅行・観光スポット・ホテル・グルメなどの情報サイトです。旅行や観光に役立つ情報を無料でご購読して頂けます。.